要配慮者支援

地域防災コミュニティの構築支援

災害に強い町づくりには、災害に備える自身の自覚と地域の助け合いが重要となります。 倒壊家屋からの被災者救出、消火器具バケツリレー等、初期消火による延焼阻止・被災後の炊き出しなど、地域住民の相互協力が被害の拡大の軽減となり減災には欠かせません。
地域防災の組織には私達自身で地域を守る組織として平素から整備された自主防災組織、災害時の避難場所ごとにおく地域防災拠点運営委員会があります。
こうしたことを踏まえ、日本防災環境では、町内会・自治会の防災訓練、防災計画の策定、講習などによる防災知識の習得啓発などを行っており、専門家による地域防災力向上の為の支援を致します。