地震のメカニズム

地震のメカニズム

地球の表面は、十数枚のプレートで覆われていて、それぞれのプレートは1年間に数センチずつそれぞれ違う方向に移動しています。日本周辺には、4つのプレート境界があり、大陸のプレートの下に海のプレートが沈み込んでいます。

大陸のプレートの先端が引きずり込まれひずみが蓄積され限界に達すると、その力を解放すべく大陸のプレートが跳ね上がり、プレート境界型(海溝型)の巨大地震や津波が発生します。東海地震や東南海地震、南海地震、宮城沖地震、スマトラ沖地震、関東大震災などがこのタイプの地震で、ほぼ同じ間隔で繰り返し発生しています。

日本列島とその周辺のプレート 地震テンプレート