特に考慮する内容

地域の高齢者・障害者を災害から守る活動

地域防災コミュニティの構築支援

災害に強い町づくりには、災害に備える自身の自覚と地域の助け合いが重要となります。 倒壊家屋からの被災者救出、消火器具バケツリレー等、初期消火による延焼阻止・被災後の炊き出しなど、地域住民の相互協力が被害の拡大の軽減となり減災には欠かせません。
地域防災の組織には私達自身で地域を守る組織として平素から整備された自主防災組織、災害時の避難場所ごとにおく地域防災拠点運営委員会があります。
こうしたことを踏まえ、日本防災環境では、町内会・自治会の防災訓練、防災計画の策定、講習などによる防災知識の習得啓発などを行っており、専門家による地域防災力向上の為の支援を致します。

                      

災害弱者を災害から守る活動支援

少子高齢化社会の中、過去の災害時における死者事例の多くが高齢者・障害者など災害弱者の方々です。 大規模災害時には公的機関の救援には限りがあります。自身の身を守りながらの近隣者救援の共助となりますが、一刻を争う災害弱者に対する対策が大きな問題となっております。このため、お客様のご希望により個人情報としての要介護者情報は民生委員や福祉関係の方々と連携し情報を把握すると共に、要介護者に対して事前に救助対策を準備するなどの支援を行います。地域一体となって災害弱者に温かい町づくりに貢献します。

高齢者・障害者の支援 防災訓練 高齢者防災コミュニティー 災害時支援